股関節唇損傷

プロフェッショナル

広告

股関節唇損傷体験記 #7

眠れないまま、朝を迎えた。

今日のスケジュール表がテーブルに置いてある。

入院時にもらっていたのだが、しっかりと目を通していなかったので、あらためて読んでみる。

朝、9:00 離床

離床?

えっ?!もしかして、起きる?本気?もう、立つの?!いくらなんでもスパルタすぎない?

半信半疑の所に、朝食が届く。

僕はまだ、痛くて起きれない、というよりも、起きたくない、体のおこし方を忘れてしまったと言ったほうがしっくりくる、そんな風にまだ寝たままの状態だ。

仕方なく僕は朝食を食べるべく、簡単ではない準備にとりかかることにした。

まず、一番の心配はお通じである。

僕の体質でもある、朝ご飯を食べると直ぐに便をもよおすこと、それをクリアするためにはどうしたらいいか?

このままベッドでする方法があるのか?

それともオムツなのか?

まだ、尿道に管も通っているし、

どうすればいい?

一人では答えが出せず、恐る恐る看護師に相談してみることに。

その答えは僕の想像のバーを遥かに高く飛び越えてくるものだった。

「では、管を抜いて、トイレに行けるようにしましょう!」

慌てる様子もなく、動揺する素振りも見せない、プロフェッショナルな態度で、管を抜いて見せた。

プロの仕事を堪能している間もなく、次の問題が僕を襲う。

起き上がれない!

ベッドの助けも借りて、上半身を起こした途端に、体の奥からは吐き気が、そして全身からは、冷や汗が溢れ出て、僕から起き上がる気力を奪い去っていったのだ。

僕は朝食を食べることを断念した。

朝食が出てくるとは思ってもみなかったから、苦痛ではなかったのだが、

せっかく出してくれた朝食に、なにも手を付けずにそのまま返すこと、

その行為に情けなさいっぱいで、泣いた。

しばらくして、吐き気も落ちついて来た頃、

また、新たな問題に直面した。

尿は何処に出せばいい?!

肝心の管はもういない。

したいと思った時にはもう、時、既に遅し、なんてこともあり得る。

流石にそれは困ると思ったのか?

僕の脳が、身の危険を感じ、きっとアドレナリンを出したのだろう、痛みの中ゆっくりと体をおこし、足を手で引っ張りベッドの下までそっと、無事に着地させることが出来た。

初めてにしては上出来だ。

そして、生まれたての子鹿のように、松葉杖と共に立ち上がる。

離床達成!

これでもう、怖いものは無い。

アドレナリンのせいもあってか、いつでも退院できる状態にまで、一気に気持ちがたかぶっていたように思う。

そんな気持ちとは裏腹に、一週間のリハビリ入院生活が、始まっていたことをこの時の僕は忘れていたようだ。

2021年 5月15日

今日が長い長いリハビリの、始まりの始まりの日。

 

つづく・・・

 

#1 出会いの数だけ・・・ 股関節唇損傷との出会いはこちらをお読みください。

 

広告
投稿を作成しました 14

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る