公園

真珠の耳飾りの少女

広告

股関節唇損傷体験記 #4

2021年 4月

病院を紹介された。これで3件目になる。

股関節唇損傷に明るい個人の病院が、たまたま隣のそのまた隣の市にあったのだ。

片道、車で50分から1時間かかるのだが。このくらいであれば通える範囲である。

慣れた手付きで受付を済ませ、名前を呼ばれるまでの時間、無音で流れるTVの字幕を眺めていた。

無音字幕のTVは、内容がまったく頭に入ってこない、次第に脳は読むのをやめ、見るのをやめ、考えるのをやめる。

半分瞑想状態。

名前を呼ばれる頃には、もう雰囲気スティーブ・ジョブズになっている。

「もし、今日が人生の最後の日だったとしたら、今日やる予定のことは本当に自分がやりたいことか?」 byジョブズ

・・・

名前を呼ばれる。

いくぞ、診察室へ!

専門医の目

可動域の様子は相変わらず良くない。途中からロックがかかってしまう感じ。

レントゲンでは、骨と骨が当たっている様子が見受けられ、骨が繰り返し当たることでできる空洞があるとのこと。ほらここに。

専門的なことは、わからないが、骨盤と大腿骨の角度を計測し、その角度も正常の数値ではないらしい。

レントゲンでそれらを指摘されたのは今回が初めてだ!?

何かが違うぞ?  直感が僕にささやいた。

CT画像では、その当たっている部分の骨が変形し、尖ってきていて、右と左の同じ場所で比べたときに明らかに違っていた。

レントゲンとCTと、触診による診断。

結果は、FAI原因による、股関節唇損傷。今までのリハビリの様子からも、今後の治療としては、骨の尖った部分を削り、股関節唇の損傷部分を元の位置に縛り、その後骨盤の動きを出すリハビリを行うということに。骨盤の動きが出ることで、骨と骨があたるのをかわせるのだという。

もともと、坐骨神経痛や、腰痛があったのも、こういう要因が関係していたのかもしれない。

前の病院でのMRIでは、唇損傷がはっきりと見えるわけではないが、(前の前の病院のMRIでは傷んでいる箇所が写っていたのだが)傷んでいる可能性は大きいだろう。 (前の病院での様子はこちら 川の流れのように をご覧ください)

将棋のような医師の診断。

今までで、一番しっくり来た内容だった。

専門医の目によるプロフェッショナルな考察に触れながら、目の前のレントゲンを見ていると、

それらがまるで、

薄暗い空間の白い壁に飾られた、真珠の耳飾りの少女に見えてきた。

ここは何処?・・診察室?・・・あれ?美術館だったか?

歴史とオーラを、まとった、絵画を鑑賞したような、そんな気分を味わえる診察を受けれたことに、心がゆっくりと震えていた。

その余韻の中、もう一度その絵画、いや、レントゲンを見てみる。

よぉく、よぉく見てみる。

うっすらと、僕のジュニアの輪郭も写っていた。

右向け右!

うっすらと、はっきりと。

複雑な余韻とともに、僕は美術・・診察室を後にした。

 

つづく・・・#5スターバックス OR UFO ??

 

#1 出会いの数だけ・・・ 股関節唇損傷との出会いはこちらをお読みください。

 

広告
投稿を作成しました 14

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る